• メンズ
  • レディース
  • 新着アイテム
  • セールアイテム
  • 新規会員登録
  • メルマガ登録
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートを見る
ショッピングカート
$LAST_NAME$ 様 現在 $POINT$ポイント ご利用可能です
ショッピングカート

ゴールデンベアー公式 TOP おすすめ一覧 国内最大級の祭「博多どんたく」の由来とは

毎年5月3、4日に開催される博多どんたく。「今年も200万人の人出…」とテレビから聞こえてくると、ゴールデンウイークも半ばだなぁと思います。地元にいると出かけないことも多く、実はどんなお祭りか知らない…という人もけっこういます。

 

母体は「博多松囃子」で、1179年に記録があるそうです。京都御所の正月の宮中参賀行事が地方に伝わり、それを遊び心ある(昔から!笑)博多の町人たちが、仮装したり出し物をしたりして発展させたよう。領主のもとへ松囃子で正月のお祝いに行ったと、博多の豪商も日記に残しています。扮装したお祝いの行列は「通りもん」と呼ばれ、博多土産のお菓子の名前に付けられていますね。

 

通りもんの行列

 

開催が正月でなくなったりと、祝いの祭りも時代の影響を受けながら形を変えて、明治12年に「博多どんたく」と呼ばれるように。オランダ語で休日を意味する“ゾンターク”が語源、というのは割と知られた話かと思いますが、どうでしょうか? 戦時中はやむなく中断され、第二次大戦後は「復興祭」として復活したそうです。花電車(花自動車の前身)が登場したのも、戦後わりとすぐのよう。

 

そして昭和37年、市民の祭り「博多どんたく港祭り」となりました。多くの市民団体がシャモジを持ってパレードに参加したり、街中にいくつも設置された舞台で踊りを披露します。お祝い好き、祭り好きな福岡人の気質が感じられる二日間だと思います。

 

博多券番さん(博多の芸妓さん)たちも街中で踊りを披露

 

実は! ワタクシ、今年初めてどんたくの舞台に立ちます。5月3日、14時半頃から岩田屋前にて、フラダンスで1曲登場する予定です。去年のどんたくを観て、私も出たい! と思いフラダンスを始めました。もしタイミングが合ったら、良かったら観に来てくださいね〜(笑)。

博多どんたく
http://www.dontaku.fukunet.or.jp/

永田知子

旅行ライター。 福岡県出身。旅行情報誌「じゃらん九州版」、webサイト「All About」等を経て、フリーの編集ライターに。旅行、食、インタビューの取材が好き。17年暮らした東京から2016年帰福。ただいま九州各地の魅力に改めて気づき、惚れ直しているところです。
一覧へ戻る 一覧へ戻る