• メンズ
  • レディース
  • 新着アイテム
  • セールアイテム
  • 新規会員登録
  • メルマガ登録
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートを見る
ショッピングカート
$LAST_NAME$ 様 現在 $POINT$ポイント ご利用可能です
ショッピングカート

ゴールデンベアー公式 TOP おすすめ一覧 静岡の見どころ、戦国時代の小山城

静岡県榛原郡吉田町

 

遠江国の小山城(こやまじょう)

遠江国の小山城(こやまじょう)

 

桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に敗れた後、
今川氏真(義元の子)が守っていた駿府城を攻撃、
掛川城に追いやり、駿府を支配圏に収めた武田信玄が
徳川家康との駿遠分割の協定(大井川の東側は武田が、西側は徳川が支配)を破り
大井川を渡った山崎(能満寺山)に砦を築いたのが小山城の元であるらしい

 

能満寺の本堂の本殿裏の急な階段

能満寺の本堂の本殿裏の急な階段

 

男坂
(ゆるやかに登る女坂もありました)

 

遠江国の小山城(こやまじょう)

遠江国の小山城(こやまじょう)

 

小山城の展望台

小山城の展望台

 

展望台から

 

左側の堀は
三日月堀といいその名の通り三日月形をしている

 

甲州流軍学の築城法に基づいたもので
土塁の内側が見えないため敵が押し寄せると挟み討ちに合う仕組みで
敵からは城兵が見えないが城兵からは丸見えなのだとか

 

小山城大手門

小山城大手門

 

大手門の近くには三重堀(三日月堀が3つ並んだもの)がある

 

能満寺

能満寺

ふもとにある能満寺には日本三大ソテツの1つがある

 

城やソテツにまつわる伝説もいくつかあり
実に興味深い

絹乃えみ

気ままな旅とごはんが好きです
旅で感じたことを発信していきます
一覧へ戻る 一覧へ戻る