• メンズ
  • レディース
  • 新着アイテム
  • セールアイテム
  • 新規会員登録
  • メルマガ登録
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートを見る
ショッピングカート
$LAST_NAME$ 様 現在 $POINT$ポイント ご利用可能です
ショッピングカート

ゴールデンベアー公式 TOP おすすめ一覧 博多/天神から日帰り〜唐津バスの旅

旅ブログ

出張で福岡に行くんだけど時間があるんだよねと、たまに連絡をいただきます。
先日は船旅をご紹介しましたが、博多駅か天神のバスターミナルから、バス旅に出るのもオススメ。楽チンですもん。

 

私も先日、高速バスで佐賀県唐津市へ行ってきました。
天神バスターミナルから唐津の大手口(市役所そば)まで1時間10分ほど。往復で使える2枚綴りのチケットは、1,750円でした。

 

 

虹の松原

虹の松原

 

 

唐津の名物といえば、日本三大松原の一つ、虹の松原。百万本?のクロマツが防風・防潮のため植林されており、松原の中はお散歩できます。実際に歩いていた人は少なかったですが、なかなか気持ち良かったです。フィトンチッド効果はやっぱりありそう。

 

ドライブルートでもあって、お天気のいい日に通ると松のトンネルから光がさし、最高に綺麗です…。ああ、やっぱりレンタカーもオススメします。そして途中で、昔ながらのバスで営業する「からつバーガー」をご賞味ください。手作りの味わい深いハンバーガーです。

 

『花筐』

『花筐』

 

 

唐津は、大林宣彦監督が余命宣告されて撮影した、昨年公開の映画『花筐(はながたみ)』の舞台。映画にも登場する祭り「唐津くんち」は、ユネスコ無形文化遺産にも認定されました。真っ赤な鯛などの曳山(ひきやま)がユニークで、ふだんは唐津神社横の曳山展示場で見ることができます。曳山展示場へは、大手口バスセンターから徒歩数分です。

 

 

旧唐津銀行

旧唐津銀行

 

 

旧唐津銀行は明治最後の年に竣工した建物で、平成9年まで佐賀銀行唐津支店として使われていたそうです。見学無料。細部まで美しさにこだわって作られており、よくぞ残してくれた、、という思いが湧きます。

 

和食の「ひら田」

和食の「ひら田」

 

 

玄界灘の海の幸に、おいしい野菜が育つこの辺り。唐津焼という焼き物もあって、料理人さんにとってとても魅力的な場所なんだそうです。だから、美味しい店が多い。

 

和食の「ひら田」さん。京都で摘み草料理を身につけ九州に戻り、地元は福岡なんだけど唐津で開店。陶芸家と料理人がコラボできるのも、唐津の魅力だとおっしゃってました。

http://karatsu-hirata.com

 

 

Y’s kitchen

Y’s kitchen

 

 

「Y’s kitchen」の2,500円のランチには、ビックリでした。食材、品数、お味に対してコスパが良すぎますよ、ご主人! 教えてくれた食いしん坊カメラマンさんに大感謝です。

http://www.yskitchen.jp/Menu.html

 

 

高速バスからつ号の車内から。

高速バスからつ号の車内から。

 

 

写真の中央、台形のようなお山の島は、高島。お参りすると宝くじが当たると噂の、宝当神社があることでも知られています。私は宝クジは買わない人なのであれなんですけど、興味ある方は行かれてみては?

 

高速バスの終点、宝当桟橋から高島まで定期船で10分。

http://houtou.uresii.biz/b09.html

 

 

こちらも参考に。

 

旅karatsu – 唐津観光協会

http://www.karatsu-kankou.jp

 

昭和バス – からつ号

http://www.showa-bus.jp/jikokuhyou/f_karatsu.html

旅先だっておしゃれを!ゴールデンベアのコーディネートブログ
2泊~3泊程度の小旅行にオススメのおすすめコーディネートを掲載中です。
コーディネートブログ トップへ
https://goldenbearstore.jp/feature/recommend/cateogry/coordinate/

永田知子

旅行ライター。 福岡県出身。旅行情報誌「じゃらん九州版」、webサイト「All About」等を経て、フリーの編集ライターに。旅行、食、インタビューの取材が好き。17年暮らした東京から2016年帰福。ただいま九州各地の魅力に改めて気づき、惚れ直しているところです。
一覧へ戻る 一覧へ戻る