• メンズ
  • レディース
  • 新着アイテム
  • セールアイテム
  • 新規会員登録
  • メルマガ登録
  • ご利用ガイド
  • マイページ
  • カートを見る
ショッピングカート
$LAST_NAME$ 様 現在 $POINT$ポイント ご利用可能です
ショッピングカート

ゴールデンベアー公式 TOP おすすめ一覧 難民? 避難民? 50歳代男子が行くヨコハマトリエンナーレ2017

旅ブログ

ある日突然、あなたが難民になったらどうしますか?

 

 

「ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス」

横浜美術館にて開催された

 

オラファー・エリアソン
【Green light-アーティスティック・ワークショップ】
「難民?避難民?」

 

に参加しました。

 

前半は
シリア難民問題の現状と福島の避難民の置かれた現状について
携わっている方々から話を聞く理解講座

 

後半は、ランプの組立ワークショップ

 

 

グリーンライトとは英語で青信号。
つまり、受け入れること、ゴーサインを出すこと

 

もともとは、オラファー・エリアソンが2015、16年にシリア内戦の結果、移入してくる移民、難民、他欧州における難民問題に何かアーティストとして、関われないかということで数人で始めました。
今回はランプを作るプロジェクトで、もともとはウィーンの財団に来た難民に対してはじめたワークショップ。
ウィーン、ヒューストン、ベネチアで行われたものが今回、横浜で開催されました。
ランプを一緒に作ること、売ること、作るだけではなく、共に学ぶということ、学ぶための場所を作ることを同時にしていて
難民の人達から学ぶことを視野に入れ、共に生きることを考えます。
そして、ランプを売った収益は難民団体に反映されるようになっています。

 

避難生活を余儀なくされている人は世界に6560万人いて、
そのうちの2250万人が難民なのだとか

 

ご講話を拝聴している姿

ご講話を拝聴している姿

 

シリア難民と、福島の東日本大震災での避難民のこと
4名の話を聞きましたが
やはり、携わっているだけあって、言葉にすごく説得力がありました。

 

「次の国は君たちが作るんだよっていう意識を持ってもらいたい
子供時代ってその人の人生の中で一番幸せで一番豊かな時代であるべきで
その時代の思いっていうのがその人の人生を支えるものになる

 

中略

 

いろいろなバックグラウンドのある人たちと
1時間でも2時間でも半日でもいいから
一緒にサッカーをしたとか一緒に絵を描いたとかそういう思いを共有する場をなるべく作り
一つ一つは遊び遊びだがそれを積み重ねていってそういう記憶を残すということがすごい重要なんだろうな
そういうことをやって○○族の○○ちゃんと遊んだって記憶があれば
そんな簡単に、○○族をぶっ潰してやれみたいなことを考えるにはならないんじゃないかな」
と仰っていました。

 

すごく響きました。
人は、知らないからこそ勝手なことが言えるのかもしれません
(日常でも、相手がなぜこんな行動をしたか知らずに一方的に怒ったり・・)
でもやっぱり、自分が難民になるということは想像がつきづらい
じゃあ、受け入れる側なら、少しは現実的に考えられると思いませんか?
”知らない”ことはある意味、コワイ

 

ある日突然、あなたが難民になったらどうしますか?

 

 

場面転換して、
ランプ組立です!
図工好きな私はワクワクが止まりません!

説明を理解している50歳代男子と
ちんぷんかんぷんな私(不安)

3種類の長さの棒を接続していきます。

 

工作風景

工作風景

 

日本は湿度が高く、木が大きくなっていてなかなかはまらない
この接続部分は
ヨーグルトのプラスチックカップをリサイクルして作られたものなんですって!

 

工作風景 パート2

工作風景 パート2

 

すべてはめ込んだら
長さの違う紐を2本結び、接続部分に繋ぐのですが
繋ぐ場所によって長さが違うので、これもまた大変
(50歳代男子苦戦、私そういうのは得意)

完成しました

 

完成したランプ

完成したランプ

 

簡単そうに見えて、設計が細かく
数学者と一緒に何年もかけて考案されたものらしいです。

 

手だけでなく、頭もめっちゃ使うランプ組立でした

 

皆さん出来上がって、ランプ点灯!

 

ランプ点灯風景

ランプ点灯風景

 

人と人が時間を共有し、協力し、作り上げる
ヨコハマトリエンナーレ2017のテーマである「接続」ですよね

 

オラファー・エリアソン Green light-アーティスティック・ワークショップの様子

オラファー・エリアソン Green light-アーティスティック・ワークショップの様子

 

横浜美術館

難民が実際に使用した救命ボートと救命胴衣

アイ・ウェイウェイ(艾未未)『安全な通行』 2016 『Reframe』 2016 © Ai Weiwei Studio

 

救命ボートと難民が実際に使用した救命胴衣のこの空間は
来た時とは違い、難民問題を深く考えさせる

 

※写真は全てヨコハマトリエンナーレ2017展示風景

 

ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス
http://www.yokohamatriennale.jp
横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です
開催中~2017年11月5日(日)まで

 

コラム内で着用していたセーターはこちらから

 

オススメのアイテムカテゴリはこちら

 

『出かけよう、家族とこの服と』
ゴールデンベアは上質でリーズナブルな洋服を提案する、伝統あるアメリカン・カジュアルブランド。軽い着心地で動きやすく、旅行やちょっとしたお出かけにも最適です。
ゴールデンベアの商品を見る
https://goldenbearstore.jp/

絹乃えみ

気ままな旅とごはんが好きです 旅で感じたことを発信していきます
一覧へ戻る 一覧へ戻る