オンラインストアなら会員登録5%OFF

ようこそ{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}さま。保有ポイント{@ member.total_points @}点



ヘッダー

 

11/11(土)靴下の日


11/11(土)0:00 ~ 11/14(火)23:59 の4日間
お買い上げいただいたソックスを
オリジナルラッピングでお届けします。

※数に限りがございます。



\ 靴下の日限定!お得なソックス3足セット /


期間中、ギフトやまとめ買いにおすすめな
3足セットを2種類用意しました。
数に限りがございますのでお早めにお買い求めください!

※公式オンラインストア限定の販売です。店舗でのお取り扱いはございません。

日本靴下協会では、靴下を記念するペアーズデイとして
11月11日を「くつしたの日」としています。

made in Japanのこだわりをぜひこの機会にお試しください!

 

 

  • こだわりの靴下とは


    ゴールデンベア靴下の年間生産数は約3万5千足。
    全て長野県長野市にある工場でつくっています。

    原料の選定から編立・検品・包装・発送までを
    一貫して行っている信頼ある私達のパートナーです。

    この工場で、職人の手によるいくつもの工程を経て
    こだわりの靴下から作られています。

    こだわり1.
    編み方で、機械を変える。


    丈夫で凹凸があるリブ編み。
    薄くて横方向に伸縮性のある平編み。
    それぞれの編み方で機械が異なります。

    靴下の幅に合わせて、
    適切な針数の機械を選び、糸の太さを決めて、
    口ゴム部から先縫い部まで筒状に編んでいきます。

  • こだわり2.
    負荷のかかるつま先に込められた技術。


    編み機では、つま先まで作ることは出来ません。
    筒状になった靴下のつま先を、かがり機で縫い閉じます。

    ここでも強度のあるナイロン糸を使い、
    ミシンを2回通して負荷のかかるつま先を守ります。
    一見 簡単にみえるこの作業…

    伸びる素材をズレることなく、
    ミシンに通すことができるのは長年の経験の積み重ね。
    真っ直ぐ縫われた つま先にはたくさんの技術が込められています。

     

    “いい靴下”を作る要素のなかに、
    適切な編みの厚さ、編みの強さがあります。
    靴下は、幅・編み方によって編み機が異なるため、
    適切なものを作るには機械の数が膨大になります。
    技術的な面も含め、それだけ環境が整えられた工場は 国内でも貴重な存在です。

    たくさんのこだわりが詰まったゴールデンベアの靴下。
    一足一足、心を込めて作り、お届けします。
    大切な方へのギフトにぜひ。

     

     

     

     

    11月11日(土)靴下の日

    Golden Bear
    ロゴ刺繍ソックス(24-26cm)

    ¥ 990 税込
    会員特別価格 ¥ 940 税込
    商品検索
    価格帯
    円〜
    カラーを選ぶ
    商品タイプ
    通常商品
    セール商品
    在庫ありのみ
    すべての商品